本文へ移動
誰もが安心して
共に暮らせる
福祉のまちづくり
をめざします
誰もが安心して
共に暮らせる
福祉のまちづくり
をめざします
誰もが安心して
共に暮らせる
福祉のまちづくり
をめざします
別府市社会福祉会館

新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ

生活福祉資金貸付制度における特例貸付の受付期間延長について
2020-10-01
重要
特例貸付  貸付申請期間延長について
新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた生活福祉資金貸付期間が延長になりました。
受付期間 令和2年3月18日(水)~令和2年9月末⇒令和2年12月末
申請の手続きは別府市社会福祉協議会(別府市社会福祉会館)で行います。
大変多くの相談を受付しておりますため、申請手続きは事前予約のうえ行っています。感染予防の為、何卒ご理解の程、お電話で予約を入れていただきますようよろしくお願いいたします。
相談時間 平日9:00~17:00(土曜・日曜・祝日除く)
 
 
<申請書類>
各種申請書類のダウンロードはこちらから
借用書 ※振込口座の分かる通帳のコピーもご準備ください
状況確認シート ※10月1日以降の総合支援資金申請時に必要となり、申請相談後に電話にて聞き取りを行ったうえで予約をします。
虚偽申請注意喚起チラシ
【対象】
 新型コロナウイルス感染症の影響を受け、休業や失業等により一時的に収入が減収した世帯を対象に生活福祉資金制度による緊急小口資金及び総合支援資金の特例貸付を実施しております。借入申込者については、世帯主及び生計中心者となります
(世帯への貸付となりますので、コロナウイルスの影響で収入の減収があった方については、生計中心者でなくても可能ですが申込者は世帯主及び生計中心者となります。)
【相談時間】9:00~17:00 土日祝を除く。
 感染予防の為、相談はご予約制で受け賜っており、7月末までは別府アリーナにて申請受付をしておりましたが、8月からは別府市社会福祉協議会(別府市社会福祉会館)で実施いたします。※大変多くの相談を受付しております。ご迷惑お掛けいたしますが、ご理解の程、電話で予約をしていただき、お越しください。
 なお、社会福祉協議会の窓口が大変混雑している状況の中、4月28日から感染予防の観点から郵送での申請受付を開始いたします。※総合支援資金の延長申請につきましては、郵送対応ができません。社会福祉協議会へお問い合わせください。
 下記リンク先の大分県社会福祉協議会のページから申請書等様式をダウンロードし、添付書類をそろえ、別府市社会福祉協議会まで送付してください。
 その場合は、窓口対応より送金までの期間を要することをご了承願います。
※添付書類:住民票(本籍地、世帯全員記載のもの)、身分証明書の写し、収入の減収を確認できる書類の写し、預金口座振替依頼書、大分銀行又はゆうちょ銀行通帳の写し。申請書等の押印はすべて銀行印で構いません。
 また、以前社会福祉協議会で借入履歴があり償還が完了されていない方はお電話でご相談ください。

※上記特例貸付の申込書類は4月30日より「九州労働金庫」、5月28日より「別府郵便局」でも受け取ることができます。

 
TOPへ戻る