本文へ移動

別府市生活支援体制整備事業

別府市生活支援体制整備事業

別府市生活支援体制整備事業とは

☆別府市生活支援体制整備事業は、別府市からの委託業務です☆
(目的)
本事業は、日常生活上の支援が必要となる高齢者が、住み慣れた地域で生きがいをもって在宅生活を継続していくために必要となる多様な主体による生活支援サービスの提供体制を構築するため、支援ニーズとサービスのコーディネート機能を担い、サービスを提供する事業主体と連携して支援体制の充実を図ります。また、地域における高齢者の日常生活上の支援体制の充実及び強化を目的とするため、別府市及び2層コーディネーター(市内7圏域に配置)と連携し、本会の地域づくりに関する事業の活用を踏まえ、地区社協等とも連携を図り、課題解決及びネットワークの構築に努めます。
(実施内容)
①生活支援コーディネーターの配置
高齢者の生活支援・介護予防サービスの体制整備を推進していくため、生活支援等サービスの提供体制の構築に向けて生活支援コーディネーターを配置し、「資源開発」「ネットワークの構築」「ニーズとサービスのマッチング」に取り組みます。
②協議体の配置
生活支援等サービスの体制整備に向けて、多様な主体の参画が効果的な取り組みにつながることから、別府市とコーディネータと生活支援サービスの多様な提供主体等が参画する定期的な情報の共有・連携強化の場を設置することにより、多様な主体間の情報共有及び連携・協働による体制整備を推進します。

生活支援コーディネーターが活動しています!

RSS(別ウィンドウで開きます) 

北部地域での地域での活動

2022-07-14
地域のコミュニティースペースにおじゃましました!
上人仲町にお住いの北林さんは、20年以上前からコミュニティースペース遊花家(ゆかい)で様々な活動をされています
趣味活動の場として場所をお貸ししたり、そこでフリーマーケットを行って、売上金を骨髄バンク等へ寄付をされているそうです
これからは、地域の方が多世代交流の場としても活用できたらいいなと目を輝かせていました

鶴見台地域での活動

2022-07-13
別府大学のゼミに参加しました!
中須賀本町・元町に来ている移動販売車を見学した学生さんたちと、今後コラボ企画を考えるためにゼミに参加しました
まず、本事業の説明、包括支援センターの役割、今回の経緯をお話しし、これから地域と一緒にどんなことができるかをディスカッションしました
学生さんからは「各地のお酒が集まるマルシェ」や「地域対抗イベント」など面白いアイデアが出ていましたが、これから協議を重ねていって新たな企画を模索していきます

鶴見台地域での活動

2022-07-11
地域の話し合いに参加しました!
中須賀本町・元町の自治会長と協議を重ね、買い物にお困りの方々の対策として移動販売車が定期で来るようになりました
現在、中須賀児童公園では買い物前に健康教室を開くようになり、ノルディックウォークで体を動かしています
今日は自治会長のお二人に、その後の地域の方のお声を聞きに行きました
皆さん楽しみにされているようなので、これからも長く続けられるように支援していくようです

中部地域での活動

2022-06-20
事業所の方が参加する話し合いに参加しました!
昨年から参加している協議体です
住民の方が気軽に相談できる「福祉の無料相談窓口」を、コンビニなどの駐車場の一角でできないか検討しました
今年度は何かアクションが起こしたいと、皆さんの強い思いを感じました
近所に「出張相談窓口」が来たら、気軽に相談しやすいですよね

北部地域での活動

2022-06-16
圏域内で自立支援型地域ケア会議を行いました!
圏域内で定期的に行われている地域ケア会議で、本人の「望む暮らし」や「やりたい事」を叶えるためのアイデア出し会議を行いました
カラオケ好きな方の事例をみんなで検討し、家カラオケや送迎支援、出張カラオケはないかなどなど様々な意見が出ました
フォーマルなサービスだけではまかなえない「生きがい」を支援するための方法をみんなで考えました
社会福祉法人
別府市社会福祉協議会
〒874-0908
大分県別府市上田の湯町15番40号
      別府市社会福祉会館内
TEL.0977-26-6070
FAX.0977-26-6620
1
4
9
9
5
3
TOPへ戻る